読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格・免許かくかくしかじかブログ

私の取得する免許や資格含め挑戦していったことを書いていく日記。の予定です

けん引免許取得日記

牽引(けんいん)免許は全[12]コマ+卒業検定を必要とします。内容はひたすらバックの練習をし続けること。学科は無し


けん引[1]コマ目
なるべく真っ直ぐバック出来るようにする練習と縁石に沿う形で幅寄せの練習
これだけだと簡単そうに聞こえるが一コマ使うだけあり中々難しい。と言うのもけん引車は常に荷台部分が何もせずとも左右にズレていくので細かいハンドル捌きによりズレを修正しながら真っ直ぐを保たなくてはいけない。しかしこのハンドル捌きがチンプンカンプンアババなのです。そんな状態で幅寄せの練習に移りこれまたアババババ

そしてファックけん引車状態で一コマ目終了。ずっと後ろを向いてたので首がとにかく痛い かなりやばい首へのダメージ

けん引[2]コマ目
方向変換の練習となります。要は180度車の向きを変えるということです。今回指示いただいた教官がけん引車苦手だと仰っしゃる方でこれは色々ヤバいなと思いましたが、どうしようもないので自力で練習に勤しむ。そしてそのまま2コマ目終了

けん引[3]コマ目
まさかの2コマ目と同じ教官となりまたもやひたすら自力での練習。だがしかしひたすら自力でやっていて何かコツが見えてきた気がする。変わらず右方向変換をしつづける時間です

けん引[4]
2,3コマ目とは違う教官になりとうとう本当のけん引車の運転方法を知ることになる
これは衝撃だった。自力とかアホらしすぎた無駄すぎた。目から鱗という言葉が当てはまるレベルでコツを掴める
後は踏切やS字を1度ずつ行くことに
一応検定コースの一部ということらしいですがクランク無いし全く気にかけることこの上なく必要無し

けん引[5]
第1段階終了の内容となる右方向変換の見極めという項目。要は今までやってきた右バックが理解できているか程度ですので気負う程のものではなく、例えこのコマ最初の方で右バック出来てなくても最後の方で何とか出来たらオッケー貰えるくらいです。それも指導してもらいながら
今回も非常にわかりやすい指導員のおかげでメキメキうまくなれる

 

けん引[6]
第二段階となり左バックの練習となります。右バックと違い直接タイヤと縁石を見れないのでサイドミラー頼りに…これがまた難しい。トラックのミラーは魚眼レンズだかなので距離感全然掴めないんですね
とりあえずひたすら左バックをして、足が疲れたら外周一回りするの繰り返し

兎も角ミラーと実際の距離感の違いを身体に叩き込むことが重要となる次第です

けん引[7]
けん引[6]と同じ内容となります

けん引[8]
少し検定コースを回るようになる。と言っても踏切とS字くらいなので終えたら再びひたすらバックの練習。兎にも角にも左バックと右バック

けん引[9]
けん引[8]と同じ内容となります

けん引[10]
けん引[8][9]と同じです

けん引[11]
これまた同じ内容でひたすら苦手なバックを練習し続けることになります

けん引[12]
卒検前の見極め検定となります
内容は卒業検定2コースを周り卒検受けていいかどうかの判断をされるということですね
まあいつも通り余程の余程何度やってもダメでもない限りオッケサインを貰えます

 

卒業検定

朝10:35集合からコース説明等あり受験者が私一人ということもありすぐさま卒検スタート

乗車前から試験は始まっているので無駄に周囲確認をして乗車。座席位置を合わせミラー確認も済ませエンジン入

けん引で難しいのは言うまでもなく方向変換ですけど、個人的に急角度での左折も不得意ゆえに気をつける点はその二つのみ。とは言えいくら気を付けようと技術不足を補うことは出来ないのでそこはしっかりミスった。まずは急角度での左折、やはり後輪が縁石から離れまくる。次に方向変換、案の定ハンドルを切り間違え訳分からない方向に荷台が行くもあくまで課題は方向転換。駐車の観点からみると車両の向きは不細工極まりない形だが方向転換というルール上不細工な車の向きでも方向転換さえ出来れば良いので何ら問題無くそのまま不細工クリア。あとは普通車と変わらない運転なので緊張感の欠片もなく無事終えることができた

結果は90/100点っぽいニュアンス。合格点は70なので余裕ということになります。所詮12コマしかない教習車のレヴェル 落とした10点は左折時後輪が縁石から離れまくっていたからでしょう


これにてけん引車の免許取得となった次第です、はい





まとめ

  • ある程度運転出来るようになって思うたことは、教官により若干の指導の差というかやり方の差(ハンドルを1回転回しとくとか半回転回しとくとか)があるなと思っていてどんなやり方が良いのかと結構悩んでいた。だけども考えてみたら車の位置や荷台の向きによりハンドルの切り方等変わるのは当たり前のことだったなって、なのでもしもそこで迷いが生じた時には兎も角こういうやり方なら高確率で上手くいくという道筋をまず1つ覚えて、その後に様々な位置からの様々なハンドルの切り方を練習した方が早く上手くなれたなとおもう

 

  • けん引車だとバックも勿論のこと左折時後輪が縁石に当たらないようにすることが結構難しいので要練習ポイントとなる。最悪卒業検定では左折をかなり大回りにして減点された方が良いてか私はそうした。縁石に乗りあげ脱輪扱いで即刻中止になるくらいならこの方法を取るべきでしょう

 

  • 大型2種免許を所持していたから少し運転に自信あったのですが、最初の教習で見事に鼻っ柱を折られることになります。やはり人間調子に乗ってはいけないなと学ばされた次第です

 

  • 兎も角教習所通いだと予約の関係等で日々通うことが難しく、折角掴んだコツみたいなものを忘れてしまうのでけん引車ミニカーでも買ってコロコロ転がしておくことが大事なのではないかと思った。そんなことを教官にも言われた

 

  • やはり出来る人に教わることが破茶滅茶大切。この感覚を身に染みて味わえたということがけん引教習の代金で最大にして最高の収穫であったのではないかと思う次第です。とは言えこの感覚は学生の時に知るべき感覚だったのかもしれないと考えると複雑な気持ちにもなります

 

  • 兎も角自分に合わない教官に出会ったと思ったら心を鬼にしてすぐさま受付に言うこと。その1コマで貴殿の成長が遅れてしまいます

 

  • けん引車の卒検は、普段車の運転をしている人にとっては比較的簡単と思えるでしょう。なので緊張感を抱くことなく受けることが出来る数少ない愉快な試験ということになると思います。「試験なんてチョロいもんだろ?」といった優等生気分を体験したい人にとっては、手軽な免許ということになりますので是非取得を目指していただきたいところです

 

 教習所での安全確認の仕方を忘れてしまった人には↓のリンクを参考にしていただきたい。一発試験でも減点されなかったので、参考程度には十分な安全確認手段じゃないかと思います。

教習車の安全確認手順 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

 

 

けん引免許の上位版けん引二種攻略日記。間違いなく運転免許中最難関の試験。試験場での一発試験でしか取得出来ない免許となります

けん引二種 (府中)攻略日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

 

大型二種(バス)と大特免許(一種)を取得する為に長野県まで合宿免許に行ってきた時の日記。本当はけん引も合宿で取りたかった… 故に今から免許を取るか悩んでいる方には合宿という選択肢も考慮してみて欲しいところです

信州駒ヶ根自動車学校 合宿免許ブログ!