資格・免許かくかくしかじかブログ

私の取得する免許や資格含め挑戦していったことを書いていく日記。の予定です

教習所(車)での安全確認手順(方法)

安全確認の仕方を書いときます。試験場での一発試験にも合格したやり方なので、車校いわゆる自動車学校なる教習所でも通用すること間違いありません。少なかれとも書いた時までは   ご参考程度で

 

1.乗車前に車両の周囲を指差し安全確認  

これの意味は、車の周り前後左右を指差ししながら、猫や子供がいないか故障箇所がないかの安全確認ということになりますたぶん(この作業は教習所では必要ないかもしれない。たしか教習所に通ってた時俺はしなかった)

 
2.運転席を開ける前に後方確認

ドアを急に開けて人がいた場合危ないとの理由でやらないといけない確認作業となります。

 
3.乗車したらバックミラーサイドミラー座席位置の修正

例えミラーや席の位置が良くても、必ず手を添える程度でいいので確認したという合図を出しておく。そしてこの後エンジン入となります

 

4.発車前に右ウィンカーをだし、後方確認をしてから発車!

発車する時は合図をだして周りに主張するのは当然だからね。そして必ず後ろから何か来ていないかの確認も怠らずに。俺は万全を期する為にサイドミラーと目視どちらともやっていた

 
5.一時停止したら、右左右の順で左右確認をして発車

面倒臭いけどルールだから仕方ない

 
6.踏切では窓を開けて左右確認

踏切でこの作業を忘れてしまいがちな人は、乗車時の準備段階で既に窓を開けとけばオッケ

 
7.車線変更の時は、①サイドミラーで後方確認②ウィンカーを出す③ウィンカー出してから三秒後に目視で後方確認④そして車線変更

この順序がルールだから覚えるしかない

 
8.右左折時には、まず上記作業(7.①〜③)をこなした上で曲がる方向に幅を寄せる。そして曲がる直前にサイドミラーで巻き込み確認をする

ルールですからね覚えるしかない

 
9.交通法規を守る

これは標識を守ったり信号守ったりと当然すぎる作業となります

 
10.目的地に止まる時は、左ウィンカーをだして幅寄せる

大抵は目的地となるポールがあり、そこに車の先端を合わせて止まるという形になっていることでしょう。左ウィンカー出して幅寄せしていくのを忘れないように

 
11.降車前に後方確認

最後の最後、降車する前に後方から何か来ていないかの安全確認をして、ドアを開けて降りて終了となります                             

 

これら11の項目をこなせれば、試験場での一発試験でも教習所でも何の免許でも大抵乗り越えられます。そんな訳でこれにて番外編備忘録を終了とさせていただきます

大特二種 府中攻略日記

府中版攻略日記となります。下のほうに俺版攻略ポイントを書いてあるので興味があれば御参考までに 

 

f:id:NerimaHunter:20170715205541j:image

使う車両は中折れ式と呼ばれる車両となります。たぶんこの写真と同じのを使ったんじゃないかな?この写真の大特車は、合宿免許で大特一種を取得した時に乗った際に撮ったものとなります。なので僕は二種試験に際して初めて運転するわけではありませんでした。ちなみに最寄りの教習所の大特一種は、後輪操舵式?車両(フォークリフトみたいなの)が使われているようです。なんにせよ特別難しい技術は無いと思います

 

一月某日  

大特二種の予約をしに行くと、早くても二月の中盤まで空いてない状態。というか二月も二日分しか空いていないという混雑っぷり

試験コースはA・B二種類あり、コースによる難易度の差はありません。試験の申し込み方法は、一度試験場に行き各種検査を済ませて予約して後日試験となります。当日のキャンセル待ちは存在しておりません。ただ一度予約をすれば後々に電話によるキャンセルや別日への移動をお願いすることができます。電話は何日前までにすればいいのかは忘れた

二種試験の合格点は80点で減点方式。どこで減点されるかは試験前に渡される紙に書いてある

20点減点・10点減点・5点減点・一発outの4項目だったかな、たしか

 

二月某日  1回目 Bコース 不合格

大特車の免許を取ってから半年近く経っていたのでスッカリ操作方法を忘れていて、急遽ネットを使い探してみるも、車種が違ったり何だりで兎も角わかりやすく信頼出来そうなのがなかった。なので試験場で何回か受けてそうな人に聞くのが確実だなと思い話しかけてみたら案の定間違いなく操作方法をマスターしてた方だった。なので操作方法を忘れた人はその方法でよろしいかと思います。

そんな感じで話ながらも自分の番になり、いつも通り車両に乗り込みミラー類の確認等を終えて、いざ発車というところでサイドブレーキの存在を忘れていたという大不覚を取り早速減点となる。その他は大体順調にやれたつもりでいたのでこれは受かったかなと思ったら速攻免許証を返されて不合格通達される。理由を聞いてみると、①右左折時に巻き込み確認を全箇所でしていない。ハンドル切る前にしっかり確認しろ。②右左折時、マークの内側をしっかり通れ

③一箇所ふらついた。④直線ではアクセルをしっかり踏み込め。⑤出発時サイドブレーキ忘れた

と言われた。ちなみに何故か最初は理由を全部は教えてくれず、何度かしつこく聞いて全部教えてもらった。正直何故最初から教えないのか、間違えたところを教えてくれなければ反省も改善もしようがないだろと内心怒りが沸くも我慢しつつ、降車後息が切れるまで疾風怒濤の全力疾走をすることによりこのストレスヲ発散スル。合格者は1/6だったかな

 

二月某日  2回目 Aコース 不合格

本日は午後より試験開始。受験料が持ち合わせのお金では足りず近くのファミマまでダッシュでおろしに行く。事前に受験料を払っておくこともできるのだけれども、毎度試験日当日に受験料を払っている。何故なら、仮に当日天候不良等で試験中止になった場合、事前に受験料を払ってしまっていたら返却されるか少し不安だった為。まあそこら辺わからなかったので当日払いにしてたら、待ち合わせが足りないなんてことになるので家を出る前に財布を要チェックすべし

そして試験開始。優先道路を通行してる時徐行の標識があることを見落としたことによりその場で一発out項目に触れて即中止となった。

あとの注意点は、踏切(二種類ある小さい方)において安全確認後発車したタイミングで踏切が鳴り出した時の対応(てかこの踏切、カンカンという音は聞こえなかったというか鳴らなかったと思う。踏切の「→←」が光るだけというクソ仕様な気がする。まあそんなことは無いのだろうけれど)

それとスピードを気にしすぎて車両が左寄りになっていなかった。

バケットを下ろしたとき、目標点のポールにぴったりにしたくらいのつもりだったがかなり手前になっていた。

 

今回は7人いて1人は合格。  途中で帰ったので1人合格したということ以外わからないんです

 

三月某日 Aコース 合格

前回から1ヶ月以上間が空いた。今回の受験者は7人と思われます。そして皆さんほぼ一種受験者という珍事。同じ受験仲間でありながらもどこかアウェイな気持ちで来たる自分の順番を待つ。その気持ちはさながらネクストバッターズサークルの中で相手投手のピッチングに合わせて素振りをしているかの如く。

そんなわけで、今まで二回受けた中での反省点を振り返りつつも試験開始となります。そしてもはや特別な反省点もなく無事合格となりました。3/7人 受かってた

 

 

大特二種の合格手順(俺版)を書き残しておきます。何かしろ参考になれば幸いです

 

1.乗り込む前の車両一周指差し点検。必要なのかわからないけど一応毎度やっております

 

2.乗り込む前に後方確認

 

3.車両に乗り込んでから免許証等を渡したらすぐさま窓を開けとく(踏切対策)

 

4.着席後、必要なくても座席位置、ミラーを調節する

 

5.エンジンを掛け、バケットを定位置に動かす。この際、バケット操作に不安がある人はバケットの位置をよく覚えとく!何故ならコースの最後にはバケットをポールに合わせ止めなくてはいけないよね。俺は最初の時、バケットはてっきりピッタリくらいの位置に止まって下ろせたとおもっていたが、降車後確認すると全然ポールの手前だったという経験がある。要は思いの外感覚とのズレがあったのですね

更に気をつけたい点は、もし試験の順番が1番目ならバケットがピッタリの位置にセットしてあると思うけど、最初でないならそれまでの受験生が合わせたところにバケットがある、ということは絶対ポールに合わせてあるわけではないということになるので乗車前にバケットがどの位置にあるかをみて修正しなくてはいけない。勿論どれくらい幅寄せしてあるかでも見え方は違ってくるがそこはもう自分頼りです

 

6.右折指示器、ギアを入れ、サイドブレーキをおろし、右後方確認をして出発。

 

7.ここからはコース内での注意事項となります。

  • 常に左側に寄せて走ることをイメージする
  • 直線25km以外でもスピードをしっかり出すことを意識する
  • 右左折時にはしっかりマークの内側を走る
  • 右左折時にはしっかり巻き込み確認をする
  • Aコースの踏切は遮断機の点滅を要チェックする。というのも音がほぼ鳴ってない気がするから見落としがちになるてか俺は見落とした
  • Aコース、自分が優先道路の道があるのだけれども、そこには徐行の標識があるところがあるので標識も意識する(踏切渡った後のコースに一回だけ存在している)

 8.うまくいっていたとしても最後まで気を抜かずに、幅寄せをしてバケットをおろして、降車する前の後方確認をして降りて終了となります。

 

そういえば、事前にコース確認は一切していません。ネットでも探していないし、試験待合室にもコース地図貼ってあるけどそれも見ていません。それくらいコースなんてどうでも良いのです。なにせ教官が指示してくれる道を走るだけなので、そんな無駄なことに労力を削る必要は一切無し!!

 

安全確認の手順が不安な人は↓を参考にしてください

教習所(車)での安全確認手順(方法) - 資格・免許かくかくしかじかブログ

 

こんな感じで私は合格することができました。一発試験は軽い死にゲーだと思ってるので、色んな人の注意点をネットなり試験場で事前に仕入れておけば死ぬ回数を減らすことができると思っています。

 

これにて、『歯抜けフルビット』達成となりました!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

けん引二種を受けた時の日記となります。一応こちらでも自分版合格手順を書いております

けん引二種 府中攻略日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

 

大型二種・大特一種を合宿で取りに行った時の日記となります

信州駒ヶ根自動車学校 合宿免許ブログ!

二種学科試験についての自分なりの感想というのを書いてあります。ノー勉で受かろうというのは流石に不可能なので、ある程度はしっかりやる必要があるとおもいます。でも所詮はある程度でしかない

二種免許学科試験(府中試験場) - 信州駒ヶ根自動車学校 合宿免許ブログ!

 

フルビット(歯抜け)を達成して、次なる目標をという方には是非!鉄腕ダッシュか何かでも話題になりました玉掛け資格。下のリンクはそれを取りに行った時の日記となります

玉掛け 技能講習日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

 

 

 

 

伐木等の業務(チェーンソー)資格日程

チェーンソーを扱う為の特別教育ってやつですね。二日間の内一日学科一日実施という手軽さになります。一体何なんだこの資格と思いながらも世の中は魑魅魍魎なのだと受け止めつつ、授業中は寝ること無く真面目に受講することこそが人として大切なことなのだよということを学べる次第です。あとデカイ木を切るときの手順をしっかり文字と絵で学べるということも割と大切かもしれません。

f:id:NerimaHunter:20170217205232j:imagef:id:NerimaHunter:20170219125824j:image

今回はコマツ教習所東京センターで受けております。場所は八王子駅からJR横浜線に乗り換え八王子みなみ野駅下車からのバスと徒歩でやっと着きます。勿論駐輪場完備なので車でもバイクでも行けます。

 

一日目 学科 08:00集合〜18:30終了

まずは08:00までに到着していないと受講出来ないという、げに恐ろしき朝を迎えることになります。一体全体横浜線とは何ぞや?八王子って多摩地区よね!という認識の方にはとんでもない朝となること必至でしょう。中央線八王子駅は下り列車ということなので、優雅に座っていけるかと思いきや予想外に混んでいるという事態となります。そして八王子での横浜線乗り換えは簡単なのですが、センターまでは最寄駅に着いてからも距離がそこそこある。どれくらいかというとコマツHPによると、徒歩だと30分の距離で、バスを使った場合でもバス停の最寄までいってそこから徒歩10分くらいらしいです遠すぎファック  ちなみにタクシーだと1,000円前後でした(4回使用)

授業は08:30から始まり一時間毎に5分休憩があるくらいな感覚です。そこら辺は多少前後するっぽいがその時次第らしいそしてとりあえず昼休憩は45分間。一応最後にテストがあるものの◯✖️式で計20問それも超絶簡単というものでありました。教官殿によると7割何とか起きてれば大丈夫とのことでしたが、個人的にはこの手の資格は一、二時間で読み切れるような内容の教科書をひたすら時間をかけて行なうという精神修行のような内容なので、そそくさと一回読み切って睡眠学習に切り替えるのも一つの手だと思います。ちなみにお昼休憩は教室内での食事を禁止されている為、別棟の食堂に行ってたべるということになります。500円だかで弁当を注文しとくこともできるらしいですね。

 

二日目 実施 08:30〜17:35

JR横浜線茅ヶ崎行きに乗り込むと何もかも放っぽり出して海に行きたくなるのは人間の性なのでしょうか、走り出したいし飛び出したいし叫びたいし、まあそんな甘くも酸っぱい気持ちにさせてくれるもはや文化や伝統といった類の言葉であります。とりあえず到着後すぐにチェーンソーのチェーン部分の分解組み立て作業の練習が始まります。その作業を順番に午前中やりきればお昼休憩45分取って、午後からは実際に丸太を切っていく作業となります。当然ですけどめちゃくちゃ簡単ですね。特にテストといった事もなくひたすら順番に丸太を切る作業を17:00近くまでやって、残り40分くらいは刃の研ぎ方を教わり終了となります。ああなんて長く辛い作業であったのだろう。

今回特別に楽しいなと思えたことは、後半部に時間が詰まってきてこれは時間通りに終わらないのではないかと怪しい空気が流れてきたところ、突如参加者の皆さんが助け合い物凄いスピードで作業をこなしていくといった奇跡が起こりました。この時の一体感といったらそれはもう心温まる素敵な時間を味わえた次第です。

f:id:NerimaHunter:20170219125835j:image

 

 

そんなこんなでこれにて伐木等の業務資格をゲットしたこととなります。万歳!

 

 

 

コマツでは無く、タダノ教習センターで受講した話となります↓

玉掛け 技能講習日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

 

 

高所作業車 技能講習日記

f:id:NerimaHunter:20170206081508j:image

よく電柱で作業してる時使われている車が高所作業車となります。

今回この資格はタダノ教習所東京センターで取得を目指します。

 

1日目  学科   08:50開始〜18:05終了

08:50までに集合。そして私は07:55到着するもまさかの駐車場正規枠(7台)は既に一杯という衝撃を受ける。今回この資格だけで20名もの受講生がいたので駐車場は熾烈な争いになると覚悟した

授業内容は配布された教科書を教官がスライドを用いながら説明していくというパターン。授業1時間やっては5分休憩の繰り返し。お昼休憩は45分くらい

16:00からの授業は小型移動式クレーンまたは移動式クレーンどちらかの資格所持者は免除される

 

二日目 実施  08:30〜

07:36到着するも既に駐車場正規枠は埋まっていた。恐るべき早さ。1時間以上前行動を車で達成してるところに土木建築関係の方々の日々の鍛錬に流石と感心しながら大便

 

08:30から1時間程学科のテスト。今回テスト勉強を何もしなかったのだがまさかの満点ということで衝撃を受ける。出てくる単語があやふやなレベルでだ

なので勉強もとい文字が死ぬ程嫌いで作業免許を取ろうとしている人に伝えたい。兎に角このテストの場合は揚げ足を取るかの如く文を読めば何とかなるということもあるという一つの例を示せたかと思う。だが誰にでも取らせる資格とは言えだ… こんな簡単に満点取れちゃうとは言えだ… 落ちる人が実際にいるらしいということは心に留めておくとよろしいかと思います。

 

実施は、実際に高所作業車に乗り操作することになります。そこで逐一しなければならない左右や後方やらの確認作業沢山おぼえるわけですが、沢山ある風でやったみたら大したことなかったのでチョロいっす。とりあえず最初一回だけ教官と乗って後は受講生同士で計3、4回乗る感じでした。それでもチョロいんでチョロいですね。ただ二日目は拘束時間が長い上に他の人が高所作業車乗っている間暇なので色々な人と仲良くなっとくと楽しい時間を過ごせることでしょう。ここが一番大事なポイントとなるよ。話せる人を沢山つくっとくということが作業免許では一番重要なのです  違った、誰とでも話す明るさが必要なんだ

 

 

 

同じく技能講習取得を書いた日記

小型移動式クレーン技能講習日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

 玉掛け 技能講習日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ 

 

小型移動式クレーン技能講習日記

小型移動式クレーン。全三日間の講習を受けることにより1t以上〜5t未満のつり上げ荷重クレーンを操作する資格を手に入れれる次第です

今回はタダノ教習所東京センターで受講する為新木場まで行くことに。同じ技能講習の受講生は10人

f:id:NerimaHunter:20170205025428j:image

 

1日目

本日は08:20から受付開始して08:50最終受付と同時に授業スタートとなる。要は08:50までに着けば良いのだ。授業内容は1時間座学を受ける→5分休憩→1時間座学の繰り返しを17:00まで、お昼休憩は45分のみというスケジュール

座学といってもひたすら教科書の内容を教官殿がスライドを使いながら話す感じ。兎も角聞き慣れない単語と程良い室温のお陰で睡魔との戦いとなる 

f:id:NerimaHunter:20170201194030j:image

 

2日目

上記画像の2日目赤丸の授業は玉掛け資格所持者に限り免除となる。玉掛けの時も小型移動式クレーンの資格を持っていた人はこんな感じで授業が少し免除となっていた。教官の話によると玉掛け→小型移動式クレーンの順番で取得した方が少し楽らしい

12:45授業開始

初日と同じくスライドと共に教科書を進めていく。そしてやはり睡魔との戦いになる。

16:00よりテスト。三択形式で内容超優しめな為に授業をしっかり聞いていた人は心配することが何も無い。たとえ寝てしまっても教科書一回読んどけば大丈夫ならくらい優しい。どれだけ優しいかと言うと

例えば「〜〜の短所となるものを選べ」という問いが出てきたら選択肢には

1.〜〜なので簡単になる

2.〜〜〜〜〜〜〜〜なる

3.〜〜なので簡単になる

といった具合に、1と3が長所と丸分かりな書き方をしてくれているお陰で内容は分からなくとも2が正解なんだと辿り着くこと出来ちゃう問題があるレベル   

このテストが終わり合格次第順に帰宅となる

ちなみにちょくちょく睡魔を取ってた私の点数は74/80点

 

3日目

最終3日目は実技。朝から操作方法を学び、15:00〜にはそのテストとなる

 

朝多少のクレーン操作とテストについての説明を受けたらその後はずっと練習となります。

テストはポールで作られたコースの間を、吊り荷を当てないようにクレーン操作するという内容。大体1人あたま3、4回練習できる感じですね  仮に不合格になっても一回だけ再試験を受けられるらしいので心配する必要はない

まあこれは覚えることがほとんど無いのでかなり簡単  結果は95/100点

 

これにて小型移動式クレーンの資格ゲットだぜ!

 

 

 

 

 

 

タダノ教習センターの事情

公式サイトを見ると駐車場には数台(7台だった)しか停めるところがないということだったけど、無理矢理そこらに停めている車多数だったのでそこまで気にする必要ないのかもしれない。とはいえ限度というのもあるのだろうから不安なら早めに行くべし。ちなみに初日私が08:00に着いた時には先に2台停まっていた程度。二日目はバイクで行ったが他にバイクはいなかった。三日目は08:30集合のところ07:45に着いて先にいたのは1台のみ。ところがちょっと大便をしている間に新たに4台来ていたので中々正規の駐車枠を狙うのは大変かもしれない。でも先にも書いたが皆適当にそこら辺に停めてるのでそこまで神経質になる必要はないのかもしれない

お昼は仕出し弁当を注文することが出来る。中身は日替り弁当なので選択肢は無し。頼んでないから知らないけど450円って言ってた気するよたぶん

 

 

他の技能講習取得時の話

高所作業車 技能講習日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

玉掛け 技能講習日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

けん引二種 府中攻略日記

けん引二種攻略日記となります。自分なりの注意点・ポイントとなるところを下の方にまとめて書いておきましたので御参考程度に

知らない人の為に書いておくと、大特二種と並び試験場での一発試験でしか取得出来ない運転免許で、この免許で運転できる車は日本にも数台しかないのに存在するという何とも不要な免許なのである

 

2016年11月某日。府中試験場にてけん引二種免許の予約を終える。月・水・金曜日がけん引二種試験日とのこと この時は予約しに行った翌日でも予約が空いていた。

試験コースはA・Bと二種類あり、Aが右バック、Bが左バックという違いになっている。基本的な難所はバックくらいなので他は大差ない仕様となってる次第です。当日試験場待合室に着けばどちらのコースを走るか書いてあり、室内後方には各コースの地図が貼ってあります。

二種試験の合格点は80点で減点方式(一種は70点というだけで他は使う車両も何もかも一緒)。どこで減点されるかは試験前に渡される紙に書いてある

20点減点・10点減点・5点減点・一発outの4項目だったかな、たしか

 

 

1回目の試験 落ちる

11月終わり頃に初めてけん引二種試験を受けにいく。本日はBコースということで左バック。ベテラン受験者2名の方曰くBコースの方が楽らしい

今回けん引の受験者は7人いてその内2人が合格という結果。私は4回の切り返し失敗で即アウト 

そういえば試験を受けるに当たり参考にしたサイトでは、車種が日野と何かと書いてあったが、俺の時はISUZUのみだったということを除いて試験内容に違いはなさそうだったです。この日は、「・797」のISUZUのヘッドに、荷台は「・・・6」だった。このヘッド、ブレーキの遊び部分が多く個人的には扱い辛く感じる次第です

で、落ちた私が言うのもなんですけど、試験に備えて事前のイメトレなんてしようがないし、コースの下調べの為に日曜コース開放に行くなんて対策も必要ないと思います。そんなもんけん引車じゃないならするだけ無駄です。あくまで自分の技術と感覚を信じるのみ

 

余談となるが、一発試験というか二種試験ともなると、受験者の方々は中々マニアック且つ変わった人が多くいて、結構楽しい時間となること間違いなしなので受けるかどうか悩んでいる人は行ったほうがいいと思います。ちなみにこの時は国家資格を取りきるという限界に挑戦している凄い人もいました。 それも既に110個くらいとってるというツワモノ

 

2回目の試験  Aコース右バック 落ちる

1月某日午後。前回から一ヶ月以上間が空いてしまったので、とりあえずまた感覚を掴むところから始まるだろうという想いを胸に突撃。

今回はAコースということで右バックということになりました。やっぱり左バックより簡単だなという感触です。まあ失敗したけど

他の受験者の方(10回目や7回目といった猛者の方々も)残念ながら落ちた模様です。

とりあえず落ちたらすぐ次の予約ということで、二日後に申し込みました。

 

3回目 1月某日午前。Bコース左バック

方向変換失敗で速攻終わる。少し心が挫けそうになる。とりあえずトレーラー部分が流れすぎたという事実を忘れないようにしとく

3回目にして思うが、他ブログでみた車種による特徴で運転の違いが云々~というのを見て自分の上記1回目の試験レポートでもISUZU「・・・6」とか書いてみたが、そんなことで大した違いはないと思う。そんな細かい違いを感じられる程運転うまくないし、試験の緊張感でそんなこと考えてもいられなかった。

とりあえず、この日も見慣れた顔ぶれ(18回目11回目8回目といったベテラン達)

これはいよいよこれくらいの回数受けなくてはいけないのでないかという不安がよぎり始める。次は約二週間後に予約を取る

 

4回目 1月某日 午前 Bコース左バック

左バック…1度もポケットに入ったことがないので今回は練習だなと諦める。

 

 

まさかの   合  格  !  !破茶滅茶嬉しい!

 

入れたことないポケットにも上手く入り、切り返しも真っ直ぐにする為の一回だけで済んだ。方向変換上手くいったことで浮かれないように気持ちを引き締めて残りをクリア

注意された点は、4速50km出してからのカーブ、カーブでは徐行なのでギアを2速まで落としたらそれは無いよとご注意。

 

 

合格した運転方法(俺版)

 

1.車両周囲安全確認して、後方確認して車両に乗り込み、必要無くても必ず座席位置ミラー等の確認作業をする。

 

2.運転席側の窓を開けとく(踏切で窓を開ける作業を短縮する為)、そしてシートベルトをしてギア(Rに入ってる)をニュートラルにしてエンジンを掛ける

 

3.教官に話し掛け試験スタート。まずは直ぐさま右合図をだして後方確認してから発進する。最初は慣らし走行と言われているが、標識やルールは守らないと減点対象

 

4.ここからは指示されたコースを走るだけとなります。

そしてここで自分なりのポイントとなるところを書く

 

  • 踏切で一時停止したら、渡った先の道路の左右から他の車が来ないかを要チェックする!もし車がいたら兎に角その車が通り過ぎるまでひたすら踏切で待ち続けること。これは踏切渡った先の道が優先道路になっているので、鉢合わせて止まることになると牽引車のトレーラー部分が線路内に残ることになり即不合格となっちゃうんですね(★超重要・↑こんな風に書いてしまいましたが、どうやらここの踏切内にトレーラー部分が残ることは無いらしいです。嘘書いてごめんなさい。何故発覚したかというと、この記事のコメント欄で、同じ合格者さんの体験談からご指摘していただきました!ありがとうございます!これにより一つ注意事項が増えます。いや、というか自分への戒めを書かせてください。この踏切の件、何故自分がそう思っていたかというと、初めて試験に臨んだ際に他受験者の方から「踏切はこうだから気を付けた方が良いよ」とアドバイスをいただいたのですね。それで実際に私の場合、その場面に遭遇したことが無かったのでそういうものなんだなと思い込んでいました。なのでもはや自分自身で確認しようはないのですが、そういうことらしいです。それで何が戒めなのかというと、善意のアドバイスとはいえ、それがいつも正しいわけでは無い、というか自分で確認してもないことを言い切るな!ですよねホントスイマセン。このコメントの方の意見は信じ込むのかというツッコミは無しでお願い致します☺︎笑  もう一度言わせていただきますと、もはや私は自分自身で確認しようがありません。なのでこの記事のせいで不安になってしまった方は、その時いる受験者や教官の方にどうすれば良いのかきいてみてください。ご迷惑をおかけしてすいません)

 

  • 坂道の頂上付近は徐行である

 

  • 方向変換に関しては俺の場合、まず中央線に車の先端を合わせる→次にハンドル半回転でバックを始める→カーブで後ろタイヤが縁石になるべく沿うよう微調整をしながらも縁石に当たらないようにする→縁石をクリアしたら次はヘッドのタイヤが前の縁石に当たらないように、そしてジャックナイフにならないように微調整を繰り返しながらポケットへ入るようにする→とりあえず見た目雑でも方向変換出来ればいいのでヘッドとトレーラーが真っ直ぐになったら教官に言う→方向変換終わりf:id:NerimaHunter:20170529151849p:imageこの絵は方向変換の場所を描いてるつもりです。中央線は濃い線の部分

 

  • 50km出すところで4速ベタ踏み全開で、カーブに差し掛かったら3速徐行(ここで2速に入れたら注意された)

 

  • S字は慎重にやればまず引っかかることはないと思う。事前の情報だと道幅がやたら狭いや悪魔が潜んでいるやと聞いてたせいなのかはわからないけど、結構広いじゃないかという感想を持つ。というか普通だと思う。とはいえS字でミスって終わった人もいたので油断しすぎないように

 

  • 最後はポールに車を合わせて、エンジン切ってギアをRに入れて、後方確認をして車を降りたら終了となります。

 

ちなみに、コースの事前確認は一切必要ありません。教官が指示した道を走るだけなのでそんなこと知っといたからって何も役に立たない。それどころか労力の無駄となります。事前にしておけば役に立つのは、先人の受験者達が何処でどういうミスをして落ちたかというポイントを知っておくくらいです。

あと、日野が何やいすゞが何やと車種による癖が〜〜と書いてる人もいますが、4回乗った感想としては何か違いがあるようには感じませんでした。なのでそんなことに気を使える程の運転上級者でもなければこれまた労力の無駄になるとおもわれます

 

安全確認のやり方が不安な方は↓を参考にしてください

教習所(車)での安全確認手順(方法) - 資格・免許かくかくしかじかブログ

 

午前中に受かると大体午後1時に免許証の交付となるようです。それまでは写真撮ったり何だりしたら後は暇な時間を持て余すこととなります

落ちたら落ちたでどこがどう悪かったのかという点を忘れずに復習して、どう改善するかを考えれば受かると思いますので頑張ってください

 

 

とりあえず、けん引二種ゲットだぜ!!!

 

 

 

 

 大特二種を取得した際の日記

大特二種 府中攻略日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

合宿免許での二種免許取得話

信州駒ヶ根自動車学校 合宿免許ブログ!

 

フルビット(歯抜け)達成して次なる目標を探している人はこんなのどうですか

玉掛け 技能講習日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

 

 

 

 

 

 

 

大型自動二輪 免許取得日記

大型自動二輪の免許講習は第1段階5コマ・第2段階7コマ+卒業検定

 

教習所のバイクはNC750とかいうの

f:id:NerimaHunter:20161030155624j:image

このバイク、タンク部分はアルミだかで出来ていたり2気筒だったりとで大型二輪とは思えない軽さ(約210kg)に仕上げてあるということが売りだと教官殿が仰ってました

そこら辺については比較対象となる大型バイクに乗ったことないのでハッキリとしたことわかりませんけど、400の古いネイキッドバイクに乗っている私としては重さにそこまで差を感じない扱い易さだった気がする

 

ちなみにこの教習所ではハーレーダビッドソンでの大型教習も行っているので、アメリカンなバイクに乗る予定の人にはエクスタシーなことなんでしょう

f:id:NerimaHunter:20161112123101j:image

 

1コマ目

早速乗車。等速走行が基本内容ですが余程の下手くそでない限り一本橋(平均台)も練習する次第です。

早速本題とは少し逸れますが、普通自動二輪教習生を見ている限り、齢を重ねれば重ねる程男女共に(特に女性)大半の人が運転に苦労しているようでした。なので二輪免許に興味ある女性もとい男性は1日でも早く教習所に通った方が良さそうです。とは言え人生の様々な苦難を乗り越えてきたお歴々からしたら取るに足りない苦労なこと間違い無し

 

2コマ目

一本橋(10秒以上)が基本となるようで。これまた余程でない限りスラロームの練習に入る

スラロームに関しては7秒以内という目標をクリアすることができなかったファック

 

3コマ目

スラローム一本橋を繰り返す作業となります。時折S字クランクをするくらいで兎にも角にもスラローム一本橋

とりあえずスラロームのコツとして思うに、大型だからといってビビらず身を任せハンドルを切るとうまくいく気がします。俺はそういう風にしてみたら、ちょっと小馬鹿にされてるんじゃないかと思いたくなるくらい褒められました。それくらいこのコツで上達できたっぽいです

 

4コマ目

踏切と坂道発進、あとはオートマバイク(ビックスクーター)に乗ることが課題。まあまず間違いなくここで躓く教習生はいないことでしょう。そして早くも次回は1段階目の見極めとなります。この急ピッチな進み具合こそが大型自動二輪教習

 

5コマ目

 見極めなので1段階の総復習。等速スラローム一本橋S字クランク踏切坂道発進どれも大した問題無し。そして時間が余れば卒検コースを一回周る程度で終わり。

 

6コマ目

今回から第二段階。主な内容は波状路と急回避になり、それに加えて2、3回Uターンの練習、更にはカーブに進入するスピードの違いで自身にかかる遠心力がどれだけ違うかを試すくらい。

波状路普通自動二輪にない課題だけど大したことはない。だって小さな段差群を立ち乗りで通過するだけだから  

急回避は卒検課題でもないので仮に出来なくても問題無

 

7コマ目

この時間は急制動。等速40km/hで走り、決められた停止線までに止まるという課題。勿論大型二輪を取ろうというバイカーにはチョロい内容ながらこの課題で尾てい骨を折った人がいるらしいので舐めるべからず

そしてここで幸運にもCB400SFと乗り比べてみるということをさせてもらえるというハイパ幸運がおこる

スーフォアの乗り易さと楽しさに、漫画家・佐木飛朗斗(特攻の拓)で例えるなら "このまま離陸しちまいそうだぁ" という台詞の吹き出しと共に、その背景にデカい月と鳴り響くけたたましいエンジン音が描写されるレベルで楽しめる最高の時間と成った

f:id:NerimaHunter:20161112122230j:image

 

8コマ目

卒検A・Bコースと二種類ある内のAコースを練習する内容。コース表を渡されて暗記もしていたつもりだけど、やっぱり実際走るのでは少し違う。なのでもしもイメトレをするならば詳細な、例えば左合図をだす場所や何やといったことまでイメージすることが大切

 

9コマ目

卒検Aコースを教官の指示なしでとりあえず走り、それがある程度出来てればBコースの案内に入るという内容。なので覚えておくことが大事ということになります。

 

10コマ目

Bコースを教官の指示なしで走る練習。こちらは特別何かあるわけではなく練習としての意味合いが強いようです。

 

11コマ目

シミュレーションの授業。シミュレーションの中の人物は老若男女問わず超弩級の当たり屋達なのでミンチにしてやろうと心に誓いフルスロットル

 

12コマ目

卒検前最後のコマ。AコースBコース共に走る練習ということになりますが、あいにく教習所内は混んでいるため一度ずつしか回れず若干の不安が残る。

 

卒業検定

f:id:NerimaHunter:20161114000255j:image

30分くらい前には卒検コースのどちらを走るか発表されてます。なのでチョロいっす。そうちょろいんです。なので緊張感なんて少しも感じていなかったが、まさかのクランクで右足を付いてしまうミスを犯したのでやっぱりどこか気付かぬところで緊張してたのでしょうね。まあそしてミスをしたらしたでそれを引きずらないようにすることの大事さですね。そこら辺が試験の要注意ポイントというか当たり前というかそんな感じ!

 

とりあえず合格ということになりました☆

 

 

 安全確認の手順が不安な方は↓を参考にしてみてください。一発試験での車用の確認方法ですが、バイクとそんなに違いはなかったんじゃないかな。あくまで参考程度で

教習所(車)での安全確認手順(方法) - 資格・免許かくかくしかじかブログ

同じ教習所で取得したけん引車日記

けん引免許取得日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

さらにその上位版のけん引二種。フル免許目指す上で避けては通れない最大の関門

けん引二種 府中攻略日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ

大型二種(バス)と大型特殊(一種)の免許を取りに長野県まで合宿免許行ったブログとなります

信州駒ヶ根自動車学校 合宿免許ブログ!

何か資格取りたいなんて考えてる方は、技能講習といった種類の資格なんてのも有ります。玉掛けは鉄腕ダッシュで話題になったやつですね

玉掛け 技能講習日記 - 資格・免許かくかくしかじかブログ